仕事の適性とは

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。販売や営業の仕事には、初対面の人とでも和やかに話せることが大事です。会話が得意ではなく、人とうち解けるまでに時間がかかるという人は、営業の仕事を続けることは困難だといえます。勿論仕事の適性だけでは、仕事は選ぶのは難しいと思いますが、参考にはなるものです。適性を第一に考えて仕事を決めるという方法は、必ずしも正しいものではないようです。適性試験をして、自分にどんな仕事があっているか確認しなさいと大学の指導で言われることがあります。しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。あなたは経理に適性がありますと、ある適性検査で出たとしましょう。人によっては、経理に適性があったとしても、それよりずっとやりたいことがあるという人もいます。仕事の適性があっても、自分でしたくなければ無理にその仕事は選ばなくても良いと思います。適性があるなら試してみたいと考えることそのものはいいことでしょう。適性検査の結果には、必ずしも従わなければならないというものはなく、仕事は自分の判断で選ぶようにすることが重要です。

仕事の適性と検査

適性検査の結果を根拠にして、自分の仕事を選ぶというやり方が浸透しつつあります。仕事との相性を簡単な質問でチェックするものが、適性検査といいます。会社によっては、適性検査の結果に基づいて採用の可否を決めるところもあります。面接や筆記試験と同じように適性検査も一緒に受るようになっている会社も少なくありません。企業だけでなく、個人で適性検査を受けて、自分がどんな仕事に対して適性を持っているかしろうとする人もいます。適性検査とは、自分でも気づいていないような仕事の適性や、長所を把握するために受けるものです。せっかく会社に採用が決まっても、数カ月たつと仕事が肌に合わないからと辞めてしまうという人もいるようです。仕事についてみて、初めて自分にはこの仕事の仕事と適性がないことに気づき、精神的に追いつめられる人もいます。自分と適性とマッチングしている仕事だと思っていたけれど、手掛けてみたらそうでもなかったという人もいます。仕事に対するミスマッチが起こる原因は、自分の仕事の適性や能力が、自分の選んだ仕事と合っていない事が上げられます。ただ適性検査の内容だけで仕事を短絡的に決めるのではなくて、適性検査の結果だけでなく、自分の意欲や将来の展望などに基づいて、つきたい仕事を決める必要があります。思いがけない分野に、自分の仕事の適性があることもあります。適性検査を一つのきっかけにして、自分の中にある可能性に気づけることもありますので、適性検査を受けてみてはどうでしょう。

仕事の適性とキャリアプラン

仕事を決める時には、自分にどんな適性があるかを知ることが大事です。適性がわかったら、将来のキャリアプランを作成しましょう。実際に働き始めたら、思い描いていた仕事と違っていたという理由で、勤めてすぐに次の仕事を探し出す人もいます。多くの人が、仕事を始めてからさほど歳月が経過していないのに辞めてしまったりします。社会の風潮の影響もあり、仕事を変えること自体はよくある話となっています。転職という言葉は普通に使われており、転職を1度もせずに、1つの会社に生涯勤務し続けると人の方が最近では少なくなってきています。転職がよくある話といっても、むやみに仕事を変えることは結果的に社会的な信用を落としてしまいます。当人に問題があって、長く働くことができない人間である可能性を疑われてしまうためです。無闇に自分の評価を低くしないためにも、適性に合う仕事につくために、キャリアプランをつくって自分の将来像を全体的に描いてみましょう。キャリアプランとは、自分の適性や将来への展望、どんなことを優先して生きていきたいかによって仕事への考え方をまとめることです。今まで生きてきたことで積みあげてきたことや、満足できることは何だったかを考察します。キャリアプランをつくる上では、今までに会ってきた中で強い印象を持った人や、目標にしてきた人を思い出します。人生の中で成功して事や失敗した事などを細かく振り返る作業をしていきます。現在の自分を見つめなおして、スキルや能力なども明確にしていきます。将来的な自分の姿をはっきり描くために、今までの自分が何をしてきたかを思い出します。これからどんなスタイルで仕事を続けていきたいか、十年後、二十年後の自分はどうなっていたいかを考えましょう。今までの人生を確認仕直しながらキャリアプランを練ることによって、これからどんな仕事をしたいかや、適性がわかるようになります。


メニュー